価値観はひとそれぞれだということ

印鑑イメージ

印鑑にかける情熱というものは人それぞれ違うものです。
誰もが持っていて、誰もがそれに対して何らかの思いを持って購入する人が多いと思いますが、そのときにお金をかけようと思うか安く済ませようと思うかは、人それぞれなのです。

たとえば、とことんこだわりたいと思う人は、普通には買えない様ないいものを求めるものでしょう。
それによって、他の人が持っていないような高級ですばらしいものを手に入れることが出来れば優越感だって増してくるはずです。

ですが、他人の印鑑はあまり見る機会はありません。もし他の人の印鑑を見たことがあるというのならば、自分の親のものを譲り受けた人に多いのではないでしょうか。
自分がそのまま使うか、もしくは形見として持っておくかは本人にゆだねられますが、もし自分がそれよりもいいものを欲しいとなれば、かなりこだわりの一品になるはずです。

昔の人は、印鑑に比較的お金をかけている人が多いですから、立派な印鑑を持っている人が多いはずです。
今では手に入りづらい印材もありますから、必ずしもその印鑑の上をいくことが出来るかはわかりません。

ですが、現代には昔には無かったような技術だってたくさんあるのですから、それらに目をやってみるのもいいでしょう。

印鑑のどの点に注目して価値観を求めるのかは人それぞれなのです。
そのため、いいものという言葉に相応しい印鑑ならば他のものと簡単に比較できなくてもかまわないはずです。

〔学校のいすの後ろに印鑑〕

検品マークの印鑑って子供の頃よくみていましたね。じつはあれにはわけがあったりします。

引用:

かつて小学校などの教室で使われるイスは、木製であることがほとんどでした。
自分が小さい頃、学校で使っていたイスの形を、今もよく覚えているという人も多いことでしょう。
それが最近では、プラスチック製などの、木以外の材質のものが増えてきているようです。
そう考えると、木のイスが残っている学校は少ないかもしれません。

リンク先:イスの後ろの印鑑の謎

ページの先頭へ