印鑑で文字の練習

文字の練習イメージ

印鑑に使われる書体は、非常に綺麗で読みやすいものが多いですね。
中には印鑑として、偽造されにくいような書体のほうが良いと考えわざと読みにくいようなものが使われることもありますが、それはそれで、なかなか味のあるよい書体ともいえるでしょう。

通常の三文判に使われるような書体も、漢字に使われたときに、漢字そのものの形を引き立たせるような美しい書体のものがほとんどです。
そのため、印鑑そのものが美しい芸術品ともとれますから、ひとによってはそれが、自慢の一品である人もいることでしょう。

これらの書体は、機械で彫られているものもあれば人間の手によって一つ一つ手彫りされているものもあります。
機械ならば、最初の段階で彫るものを登録してそれに合わせて機械が動くといった方法になります。

最近の機械技術はとても進歩していますからとても綺麗なものが彫れるみたいですよ。
そんな、綺麗に彫られた印鑑をお手本にすれば、自分自身の名字も、上手に書けるのではないでしょうか。

自分の名前が上手にかけないという人は多いでしょうから、文字の練習としても印鑑は活躍してくれそうですよね。
まずは、印鑑を使って印を押してみて、それをお手本にしながら文字を書いていくわけです。
印鑑そのものをお手本にしていたら、文字が逆向きになってしまいますからね。

印鑑専用として作られたような文字は、手で書くには向かない書体ですから、それはお手本にしない方がいいでしょう。
たとえ書けたとしても、日常的に使う機会はまずありません。

〔なぜ軽いのか?〕

印鑑を選ぶ際のポイントです。

引用:

印鑑に使われる印材はいろいろなものがあります。
本的には経年変化しづらく、硬い素材が好まれていますから、ある程度印材として使えるものはきまっています。

リンク先:印鑑の不思議講座

ページの先頭へ